伝統工芸ネイルとは

Philosophy


「今、日本の伝統を守るためにできること。」何百年、何千年と前から、私たち日本人が大切に守ってきた「和の精神」。その伝統と精神を、私たちの次の世代へと残していくために。「伝統は、人と自然が共存してきた証」例えば漆は、木の樹液から作られており、 螺鈿は貝殻から、そして和紙は楮という植物から作られています。それは私たちのご先祖様達が、自然と共存した証。自然に守られながら、自然を守り、人が地球の一部として生きた証なのだと思います。

いいものを買って長く大切にする、という文化から安いものを買って使い回す、流行っては廃る文化へ突入した日本の産業。それは、どの業界でも同じことが言えると思います。
伝統工芸ネイルは、ネイリストと伝統工芸職人がコラボレーションし、「本物を爪に落とし込む」、新しい(けれど本当は伝統的な)ネイルアートのご提案を通じて、 日本の伝統工芸の魅力を知っていただくきっかけになればと考えています。

伝統工芸ネイルが提供する素材は、他のネイル素材では不可能な、趣のある美しさを表現することができます。「本物」を提供することでお客様によりネイルの魅力を楽しんで頂きたい、伝統工芸ネイル素材を扱うネイリスト様・ネイルサロン様には他とは違う ネイルアートのスタイルを作り上げて頂くためのお手伝いができればと思っています。
私たちが目指すことは、日本の伝統工芸を次の世代に受け継ぐために、 ネイルという新しい表現によって、その文化に触れるきっかけを作ること。そして伝統工芸職人の想いを乗せて、日本だけにとどまらず、世界に発信することです。




伝統工芸ネイルの歩み

History


2015年4月21日 名古屋サロン藍rish御園座店オープン

2016年2月 「漆ネイル」の開発に成功

2016年8月 台湾での講師活動開始

2016年9月 「螺鈿ネイル」の開発に成功

2017年4月 NAILMAX6月号掲載

2017年8月6日 朝日新聞掲載

2017年9月 「七宝焼きネイル」誕生

2018年3月7日 NHKほっとイブニング放送

2018年3月22日 NHKおはよう日本放送

2018年3月28日 NHKおはよう東海放送

2015年4月21日 名古屋サロン藍rish御園座店オープン

2016年2月 「漆ネイル」の開発に成功

2016年8月 台湾での講師活動開始

2016年9月 「螺鈿ネイル」の開発に成功

2017年4月 NAILMAX6月号掲載

2017年8月6日 朝日新聞掲載

2017年9月 「七宝焼きネイル」誕生

2018年3月7日 NHKほっとイブニング放送

2018年3月22日 NHKおはよう日本放送

2018年3月28日 NHKおはよう東海放送